例規集

ホーム > 組合条例 > 広域利根斎場組合において制定すべき条例のうち加須市条例を準用する条例

広域利根斎場組合において制定すべき条例のうち加須市条例を準用する条例

広域利根斎場組合において制定すべき条例のうち加須市条例を準用する条例

昭和63年4月25日

組合条例第10号

(趣旨)

第1条 この条例は、広域利根斎場組合(以下「組合」という。)において制定すべき条例のうち、加須市条例を準用することについて、必要な事項を定めるものとする。

(準用する条例)

第2条 組合において制定すべき次の表の左欄に掲げる条例については、同表右欄に掲げる加須市条例をそれぞれ準用するものとする。

組合において制定すべき条例 準用する加須市条例
職員の服務の宣誓に関する条例 加須市職員の服務の宣誓に関する条例(平成22年加須市条例第30号)
職員の職務に専念する義務の特例に関する条例 加須市職員の職務に専念する義務の特例に関する条例(平成22年加須市条例第31号)
職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例 加須市職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例(平成22年加須市条例第32号)
職員の分限に関する手続及び効果に関する条例 加須市職員の分限に関する手続及び効果に関する条例(平成22年加須市条例第26号)
職員の定年等に関する条例 加須市職員の定年等に関する条例(平成22年加須市条例第27号)
職員の懲戒の手続及び効果に関する条例 加須市職員の懲戒の手続及び効果に関する条例(平成22年加須市条例第29号)
議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例 加須市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例(平成22年加須市条例第34号)
職員の公務災害等見舞金支給条例 加須市職員の公務災害等見舞金支給条例(平成22年加須市条例第35号)
職員の給与に関する条例 加須市一般職職員の給与に関する条例(平成22年加須市条例第45号)
職員の旅費に関する条例 加須市職員等の旅費に関する条例(平成22年加須市条例第48号)
議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例 加須市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例(平成22年加須市条例第49号)
職員の育児休業等に関する条例 加須市職員の育児休業等に関する条例(平成22年加須市条例第33号)
職員の再任用に関する条例 加須市職員の再任用に関する条例(平成22年加須市条例第28号)
行政財産の使用料に関する条例 加須市行政財産の使用料に関する条例(平成22年加須市条例第55号)

2 前項の場合において準用する加須市条例中「加須市」とあるのは「広域利根斎場組合」と、「市長」とあるのは「管理者」と、それぞれ読み替えるものとする。

(平成4組合条例1・平成7組合条例2・平成22組合条例3・平成27組合条例1・一部改正)

附 則

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行し、昭和63年4月1日から適用する。

(平成25組合条例1・旧附則・一部改正)

(職員の給料を減額する特例)

2 平成25年7月1日から平成26年3月31日までの間における第2条の規定の適用については、同条第1項の表中「

職員の給与に関する条例 加須市一般職職員の給与に関する条例(平成22年加須市条例第45号)

」とあるのは、「

職員の給与に関する条例 加須市一般職職員の給与に関する条例(平成22年加須市条例第45号)
職員の給料を減額する特例に関する条例 加須市長、副市長及び教育長並びに一般職の職員の給料を減額する特例に関する条例(平成25年加須市条例第21号)

」とする。

(平成25組合条例1・追加)

附 則(平成4年組合条例第1号)

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行し、この条例による改正後の広域利根斎場組合において制定すべき条例のうち加須市条例を準用する条例の規定は、平成4年4月1日から適用する。

2 前項に定めるもののほか、育児休業給の支給に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則(平成7年組合条例第2号)

この条例は、平成7年4月1日から施行する。

附 則(平成22年組合条例第3号)

この条例は、平成22年3月23日から施行する。

附 則(平成25年組合条例第1号)

この条例は、平成25年7月1日から施行する。

附 則(平成27年組合条例第1号)

この条例は、公布の日から施行する。

1988.04.25| 組合条例

お問い合わせ・ご予約

広域利根斎場組合

〒347-0014 埼玉県加須市川口4丁目3番地5
電話:0480-65-8234
E-mail:memorial-tone@giga.ocn.ne.jp

電話の予約時間
 ご予約の受付は、毎日行なっております。
通夜の閉式時刻が午後8時までの日
午前8時30分から午後7時30分
通夜の閉式時刻が午後9時までの日
午前8時30分から午後8時30分
休業日及び通夜のない日
午前8時30分から午後5時15分